東京都で補綴物の製作なら世田谷区の歯科技工所

株式会社 東洋デンタル

デジタル デザイン センター

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2丁目31番1号

受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日、第一週のみ木曜・日曜
アクセス
田園都市線 用賀駅より徒歩3分
駐車場なし

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3700-4002

e-max

プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウム結晶からなるガラスセラミックスインゴットです。独自の製造工程により透明度の異なる均一性の高い製品を生産しています。IPS e.maxプレスインゴットは400MPaの曲げ強度を有する高強度のプレス用セラミックスです。
インゴットはIvoclar Vivadent社製のプレスファーネスでプレスされ、適合性の高い修復物が制作できます。

 

 

e-maxの種類

IPS e-maxプレスHTインゴット(高透明度)

高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。HT修復物は、天然歯に対しカメレオン効果を発揮し、周辺の歯質と高く調和します。ステイニングやカットバックテクニックに適しており、IPS e.max セラム シェードやエッセンス、グレーズ材を使用して特徴付けを行います。 調整が必要な場合はIPS e.max セラム レイヤリング材を使用します

IPS e-maxプレスLTインゴット(低透明度)

透明性があり、ステイニングやカットバックテクニックにおける修復物の製作に適しています。インゴットは色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。

IPS e-maxプレスMOインゴット(中不透明度)

シェードMO0からMO4までが生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作に適し、天然歯に近似した修復物を製作するためのベースとしても適しています。インゴットは、特定の範囲シェードに合わせて色付けがされています。シェードの濃度が高くなると、インゴットの蛍光性は減少します。

IPS e-maxプレスMOインゴット(中不透明度)

シェードは3種類で、高度な不透明性のため失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを一部カバーする場合にも役立ちます。高い不透明性で下部構造をマスキングし、非常に濃い支台歯などで天然歯の色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物製作を可能にします。

前歯から小臼歯の審美的領域に有効です。

ーメリットー

  • 豊富な透明度のインゴットがあるので、様々な色調に対応がしやすいです。
  • 陶材をレイヤリングしないので、破折しにくいです。
  • インプラント上部構造にも使用できます。

 

ーデメリットー

  • セラミックなので、噛み合わせが強い症例の場合破折する事があります。
  • 透明度が高いため、支台歯の色を反映してしまうことがあります。
  • 連結やブリッジにはお勧めしません。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-3700-4002
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日、第一週のみ木曜・日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

03-3700-4002

<受付時間>
9:00~18:00
※定休日:
土曜・日曜・祝日、第一週の木曜・日曜

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/09/11
インプラントデジタル印象セミナーに参加しました
2022/08/27
3shapeのセミナーに参加しました
2022/08/25
「製品のご案内」ページを更新しました
2022/07/07
「代表者ごあいさつ」ページを更新しました
2022/06/03
「トップページ」を更新しました
2022/05/30
「製品のご案内」ページを更新しました
2022/03/23
「会社概要」ページを作成しました

株式会社東洋デンタル

住所

〒158-0097
東京都世田谷区用賀2丁目31番1号

アクセス

田園都市線 用賀駅より徒歩3分
駐車場なし

受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
第一週のみ木曜・日曜